ITエンジニアになるために大学院はいくべきか

大学4年生ですが、大学院にいくかどうか迷っています。ITエンジニア志望の学生は大学院にいくべきなのか教えてください。また、どういう人が行くべきところなのか教えて下さい。

 

日本の企業にITエンジニア=研究、開発、SE、プログラマとして就職するのに大学院にいくべきかという疑問に答えたいと思います。

 

ちなみに、日本だと学士や修士という言葉はあまり使いません。一般的には学士=大卒、修士=院卒と言います。

 

結論から言うと、日本企業のITエンジニアになるのに修士は必要ありません。修士どころか学士がなくてもITエンジニアになることはできます。

 

私は大学院まで行っており企業でエンジニアとして働ています。そんな私が大学院に行くべき人はどんな人か教えます。

大企業に行きたい人

一言で言うとこれです。有名どころだとNTTや日立などの東証一部上場企業です。

 

日本の大企業の技術職は有名大学の修士が多いです。学士もわずかにいますが、数としては圧倒的に修士が多いです。大企業に技術職として就職するのであれば大学院は行った方が良いです。

研究職に就きたい人

研究職がある企業はあまり多くないかもしれませんが、研究職で働くためには最低でも修士が必要です。修士の上の博士課程を出た人もゴロゴロいます。

 

大学院で身につくこと

ここまで就職面のお話をしましたが、正直修士だからといってコーディングが出来るわけではありません。大卒で2年間プログラマとして働いていた方が院卒の人よりもコーディングが出来るようになると思います。

 

大学院で身につくのは文章の内容をまとめる能力だったりプレゼンをする能力です。研究室にもよりますが、必ずしもコーディング力が身につくわけではありません。

 

ただし、就活では有利になります。日本の企業では採用時に学歴で判断している部分がまだまだあります。理系の院卒だからポテンシャルが高いと考える企業が多いのです。

 

まとめ

・プログラマとして働くのであれば、院に行く必要はありません。
・大企業や研究職に就きたいのであれば院進学をお薦めします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog