プログラミング初心者がまずするべきこと

プログラミング初心者はまず何をするべきなの?どんなパソコンが良いの?どうやったらプログラムを実行できるの?

♦本記事の内容

・ 基本的なパソコン用語を覚えよう
・ノートPCを買うときの注意点
・プログラミングをするのに必要なもの

基本的なパソコン用語を覚えよう


いきなりプログラミングを始めようとしてインターネットを検索してもおそらく理解できません。専門用語が多いからです。まず基本的な用語を抑えましょう。

 

OSはオペレーションシステムです。パソコンであればWindows、macOSのことです。モバイルであればAndroidやiOSのことです。

 

プログラミングをするときにはパソコンを使うと思いますが、WindowsかMacで使うコマンドや手順が異なります。このブログではWindowsを前提に説明していますが、基本的にどちらのOSでもプログラミングが出来ますので自分の慣れたPCを選ぶと良いと思います。

 

コマンドプロンプトは、Windowsと会話するアプリです。あの背景が黒いやつです。プログラムはコマンドプロンプトを通して実行できます。

ノートPCを買うときの注意点


プログラミングをする上でPCのスペックが大事になります。気をつけるべきスペックは以下の3つです。

♦プログラミングに関係するPCのスペック

・CPU
・SSD
・Memory(RAM)

 

CPUはプログラムを処理する部品です。この能力が高いほどプログラムを処理するスピードが上がります。i5,i7と記載されているものを選べば間違いないです。

 

SSDはデータを保存する部品です。普通のハードディスクとSSDの二種類があります。SSDは高価ですが、ファイルの読み書きのスピードがとても早いのでお薦めです。256GBもあれば十分でしょう。

 

RAMはメモリのことです。全てのプログラムは実行されるとメモリに展開されるため、十分にメモリ容量があったほうが良いです。8GBが基本でできれば16GBあると安心です。私のPCもメモリは16GBあります。

 

ちなみに、プログラマはmacを使ってる人が多いです。WindowsですとLenovoのThinkPadが人気ですが、DellやHPシリーズもアメリカでは人気があるようです。私もThinkPadのXシリーズを使っています。マウスが必要なくキーボードが打ちやすいのでとても良いです。

プログラミングをするのに必要なもの


 

プログラミングを始めるのに必要なものは以下の通り。

♦プログラミングを始める前に必要なモノ

・プログラム言語
・エディタ
・Git

 

・プログラム言語
あなたが書いたコードを実行するには、その言語を実行するための環境が必要になりまPythonであればPython、RubyであればRubyです。

 

Pythonを書くのであればGoogleで「Python インストール」と検索すればインストール方法が出てきます。3分程度でインストールできると思います。

 

・エディタ
エディタはプログラムを編集するために必要なツールです。プログラムを書く時に予測して表示してくれたり文法の誤りを訂正してくれます。PythonであればPycharmがエディタになります。

 

ほとんどのエディタは無料です。こんな高機能なエディタが無料で手に入るこの世の中に感謝するべきだと思います。ただし、一部機能を追加すると有料になります。私は有料版のPycharm Professionalを使っています。

 

・Git
これは必須というわけではありませんが、コードを管理するのに非常に便利なツールです。例えば、機能A→機能B→機能Cという順番に開発したときに、Gitで管理していれば機能Aを開発した状態に戻ることができます。

まとめ


♦本記事のまとめ

・基本的な用語を覚えよう
・パソコンを買うときはスペックを重視しよう
・プログラムを書くために必要なツールを理解しよう

 

以上になります。皆さんの楽しいプログラミングライフの手助けになれば嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog