大学生が企業と共同研究をする3つのメリット

 

こんにちは。のっくんです。

 

IT企業で研究開発をしています。

 

今日は、大学院生、特に理系の大学院生が企業と共同研究をすることのメリットをお伝えしたいと思います。

 

工学部の、特に機械系や情報系の研究室だと、どこからの企業からお誘いがあり共同研究をしてみないかと教授からお誘いがくることがあると思います。(もしくは半強制的に割り振られることも。)

 

男の子
企業との共同研究ってただめんどうなだけなんじゃ??楽して卒業したいし、、、

 

って思っている人もいると思うので、共同研究をする3つのメリットをお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

そのまま共同研究先に就職できるかもしれない

 

企業と共同研究をしているとその企業に就職できる可能性が高まります。なぜかというと、共同研究をしたという経験を面接で話せるからです。

 

企業から見たときに何も接点がない学生Aと、一緒に研究を進めてきてこれからも一緒に働きたいと言っている学生Bがいたときに、どちらを採りたいと思いますか。

 

普通は学生Bを採用したいと思いますよね。

 

これは私のケースですが、とある企業と共同研究をしていてそのままその企業に就職しました

 

これは運もあるので必ず入社できるというわけではありませんが、共同研究をしていたという事実はその企業に入るにあたって有利になりました。

 

教授が推薦してくれたことや特別な採用ルートが研究室にあったのも大きかったです。

 

のっくん
色々大変だったけどやって良かったよ。

企業の社員と接点ができる

 

大学生、大学院生といってもしょせんは学生です。企業で働くことはどういうことか、上司とはどういうものか、お金のこと、など知らないことが多いです。

 

共同研究をしていると企業の人と打ち合わせや飲み会などを通じてざっくばらんなお話が聞けます。

 

働いている人がどんな人が多いか、面接で聞かれそうなこと、お給料、お休みはとりやすいのかなど

 

結構このあたりの情報ってネットで検索しても載っていないことが多いので貴重な情報になります。

 

ネット上の情報もあることにはありますが、信頼性という意味では?なので、働いている社員に聞くのが一番手っ取り早いです。

 

働いている社員を見て、大変そうだなとか辛そうだなって思ったら、別の企業にすればよいですし、あくまで1つの指標として見ておけばよいかと思います。

 

のっくん
飲み会じゃないと聞けないことって色々あるよね。

研究が進みやすいし、特許や論文発表ができるかもしれない

 

企業の人がくるとなると打ち合わせの日程を決めるので、それが事実上の締め切りになります。

 

研究って下手すると何もしない期間が続きがちですが、デッドラインができるのでメリハリがつきやすくなります。

 

共同研究がうまくいくと特許や論文発表ができます。まぁ大して研究がうまくいかなくても卒業までに一回くらいはどこかの対外の場で発表させてくれるでしょう。

 

そのときに企業の人と一緒に論文が書けます。私は学生のときって、大企業の人すげーって思っていたので、一緒に自分の名前を載せれたのがうれしかった記憶があります。

 

内容はどんなものであれ論文のタイトルと著者はネット上に残るので、良い思い出になります。

 

もしかすると特許も出すことにになるかもしれません。

 

特許化されるまでに時間がかかりますが出してしまえばネットに公開されます。あまりメリットがないかもしれませんが、一応社会人になって特許持ってますっていうと一目置かれるかも。

 

私も一件出願した記憶があります。特にメリットを感じたことはありませんが。笑

のっくん
大変だけどモチベーションにはなるよね。

共同研究のデメリット

 

ここまでメリットを書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

責任感が強いと企業との打ち合わせが来るたびに焦ってしまいます。場合によってはプレッシャーで病んでしまうかもしれません。

 

でもそういうときは学生だしと思って開き直ってください。給料もらってるわけではないし、なんか勉強できれば良いなくらいの気持ちでやればよいと思います。

 

それで卒業できなくなったりするわけではないので、辛かったら教授に相談して研究テーマを変えてもらうことも大事です。

 

まとめ

 

学生時代は時間があるので、プログラミングなどのスキルを身につけることをオススメします。私はあんまり研究でプログラミングを使いませんでしたが、社会人になった今もう少し勉強しておけばなぁって思います。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog