北極鳥の卵からプラスティックが見つかった

 

今日のレアジョブレッスンはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/04/01/scientists-discover-plastic-chemicals-in-arctic-bird-eggs/

 

要約すると、

  • 北極鳥であるフルマカモメの体の中からプラスチック(フタル酸エステル)が見つかった。
  • 親が餌と間違えて食べて消化されずに残り、卵を汚染したと考えられる。
  • フタル酸エステルはオスの魚が卵を産むような欠陥をもたらす。

 

感想:

北極の鳥がどこでプラスティックを飲み込んだのかが気になります。もし、プラスティックが海を渡って北極まで浸透したとしたら相当プラスティック汚染が進んでいると考えられます。プラスティックはどこからきているのでしょうか。人が食べて害が出ないことを祈ります。

 

学んだ単語:

arctic、北極

unborn offspring、胎児

tooth paste、歯磨き粉

Phthalate、サーレイ、フタル酸エステル

 

おわり。