現代人の顔はいくつかの要因によって作られたものである

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/05/30/study-modern-human-face-shaped-by-several-factors/

スポンサーリンク

 要約

・いくつかの要因が人の顔の進化に影響していることが分かった。

・数千年前の人類は大きな顔だったが、近代人は比較的小さく平らな額、小さい顎、見やすく動きやすい眉毛をもつ。このような変化は気温変化や食生活、社会的コミュニケーションの結果から来ている。

・食生活や気温変化は人間の進化に関連している。先史時代には人は固い食べ物を噛むために大きな顎が必要だった。しかし、人類が料理を覚えてから人の顔は縮小していった。違う気温の場所に住むことは、息をするのに関係する顔の一部を変形させた。

・食生活や気温のほかに、非言語コミュニケーションでの感情の表現は顔の形を変化させた。人の顔は細く眉毛はよく動くようになり、同情や承認などの幅広い感情を表現することができるようになった。

・人の顔は依然と進化しているという研究者もいる。産業社会に住むことで、多くの活動は苦労することが少なくなっている。加工された食品は幅広く普及している。筆頭著書であるパウルによれば、これらのライフスタイルの変化は人の顔をさらに小さくする。変化する文化や、環境、ソーシャルな条件の中で人が生活する限り、人の進化は継続する。

感想

アゴが小さくなっていたのは知っていましたが、眉毛が進化していたのは知りませんでした。

これからも人類は進化すると思います。

なぜなら、遺伝子、環境、テクノロジーの3つの影響がこれからも続くからです。

例えば、未来では人間の代わりにロボットが働くので、人間は今よりも太っているでしょう。

先生は人間の脳もコンピュータのようにUSBから起動するようになるかもと言っていました。

人口内蔵が出来ているので、人口脳もできるようになるかもしれません。

人の目も人口的に作れるようになると思います。

そうすれば目が悪くなっても取り替えることができて、視力回復ですね。

 

英単語

jaw, アゴ、「ジョ」と発音する

cheek, 頬

distinct, はっきりした

prehistoric, 先史時代の

slender, 細い

laborious, 骨の折れる、困難な

to an extent, ある程度

varing, 様々な、変化する

おわり。