ウォルマートがアンガスビーフを提供する

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/06/11/walmart-to-create-own-angus-beef-supply-chain/

要約

・ウォルマートが品質の良いアンガスビーフを提供するために肉産業に進出した。

・ウォルマートはお客様に極上のアンガスビーフを届けられるサプライチェーンを開発した。サプライチェーンは、評価の高い飼育場、食肉処理場、パッケージ工場を巻き込んでいる。
これを使い、ウォルマートはホルモンフリーのアンガスビーフを届けると約束している。牛の体重を増加増加を促進する成長ホルモンは潜在的に危険だと考えられている。

・ウォルマートのアンガスビーフはステーキやローストカットで届き、アメリカの東南地方の約500の支店で売り出される予定。

・このビジネスはお客の商品がいつくるかという要望に応えた形だ。サプライチェーンを作ったことで品質に関する安心をお客さんに届けられると話している。

・しかしウォルマートは牛肉の供給はとても多いので引き続き仲介業者からアンガスビーフを得る。こうすることでウォルマートは安定したアンガスビーフの供給ができ、品質の高い商品を持続的に供給できる。

・アナリストによればサプライチェーンの中で他の生産者や製造業者の役割を担うビジネスが増えてきているようだ。実際に、ウォルマートが仲介業者をカットするのは初めてではない。
去年、プライベートブランドの牛乳を生産するために処理工場をインディアナにオープンした。

・このトレンドにもかかわらずいくつかの専門家はこの手のベンチャーはリスキーで、要求に追いつくためにウォルマートは需要に追いつくために苦労するだろうと言っている。

感想

個人的には1つの会社が、サプライチェーンを作り商品を提供することは良いことだと思います。

先生は、on my own(単独)でビジネスをするのはGreedy(貪欲)で他の会社をKick outしないといけないとデメリットを強調していました。

一方で、ウォルマートが単独でビジネスをすることによって仲介業者を挟まないので消費者にとっては安心したクオリティのビーフが提供されます。

また仲介業者の中抜き(Inside out)が発生しないので、商品の価格も安くなるのではないでしょうか。

巨大企業が独自のサプライチェーンを持つことのPros and Consを議論できた有益なレッスンでした。

英単語

grocery store, 食料品店
prime, 極上な
reputable, 人々から尊敬される
feedlot, 肥育場、家畜を太らせる施設
slaughterhouse, 食肉処理場
hormone-free, ホルモン無添加の
put minds at ease, 安心させる
middleman, 仲介業者