フェイスブックがデータスキャンダルで数十億ドルの罰金

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/06/14/facebook-expects-a-multibillion-dollar-penalty-for-data-scandal-involvement/

要約

・フェイスブックはUSのFTC(連邦取引委員会)との同意に反したとして、数十億ドルを支払わなければならないかもしれない。

・連邦取引委員会は2016年におきたフェイスブックの情報漏洩を調査している。調査結果によるとフェイスブックは三十億ドルから五十億ドルの違反金を払うだろうと予測している。そのためフェイスブックは三十億ドルを第一四半期の利益に法的支出として割り当てている。

・フェイスブックの連邦取引委員会との同意書によれば、企業は個人情報を同意なく漏洩させてはいけないと約束している。しかし、2016年にフェイスブックが同意を破ったことが判明した。

・フェイスブックはイギリスの会社ケンブリッジ・アナリティカに違法にユーザのデータを集めさせることを許容した。このデータは何人かの政治家によって使用され、2016年の選挙の結果に影響した。フェイスブックユーザから集めた大量のデータを
使って、政治家は支持を得るためのキャンペーン素材を作成した。

・フェイスブックのデータスキャンダルに伴い、企業は支払い額の増加に直面した。FTCの違約金のほかに、より良いセキュリティのためのインフラやイニシアチブへの投資が企業の利益を減らした。

・昨年3月、CEOのマーク・ザッカーバーグはソーシャルメディアサイトをより安全でプライベートな環境に変更したことを発表した。企業が将来の事故を避けプライバシーポリシーを向上させることに絶えず努めていくと断言した。

英単語

deta breach, 情報漏洩
legal expenditure, 法的支出
divulge, 漏らす
unsuspecting, 疑うことなく
material,素材
allegedly, おそらく
continually, 絶えず
assure, 断言する

感想

データ漏洩で3千億円って相当な額ではないでしょうか。
パーソナルデータは現代における油(オイル)といわれていますが、まさにそれを象徴するような出来事です。
政治に結びついていなければもう少し容赦してくれたのかもしれませんが、政治の選挙に関わっていたとなると大問題です。
個人のデータが選挙に利用されるとはユーザも夢に思わなかったでしょう。
どういったデータが選挙のキャンペーンに使われていたのか、どういうデータ分析がされたのか考えてみると面白いです。
おそらくですが、フェイスブックの投稿メッセージからその人が誰を支持しているか、誰を支持していないかを分析したのだと思います。最近のデータ分析では、投稿メッセージから、ポジティブなことをいっているのかネガティブなことを言っている
のか分析することは容易いですからね。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog