世界最速のスパコンのデザインが完了

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/06/23/design-of-worlds-fastest-supercomputers-completed/

要約

・科学者とエンジニアは協力して、サイエンス・データ・プロセッサー(SDP)と呼ばれるスパコンのデザインを完了した。

11カ国のメンバーとケンブリッジ大学のエキスパートが率いるグループは最初のSDPのソフトウェア、ハードウェア、アルゴリズムを生み出すために5年間働いた。

・完了後、最初のスパコンは西オーストラリア州のパースに設置され、二号機は南アフリカのケープタウンに設置される予定。

・スパコンは、世界で最大のラジオテレスコープネットワークであるSKA(Square Kilometre Array)によって生成されたデータを処理するようにデザインされている。2020年に構築されるSKAは宇宙に関する包括的な情報を提供するのが目的だ。このためにSKAは宇宙の膨大なデータを集める予定。

SKAの科学者ボルトンによれば、SDPのスパコンはSKAのデータを分析し、格別な空の写真や天空の物体に変換する。SDPに変換された後望遠鏡からのデータは、科学者がアクセスできる世界の異なる場所に送られる。

SDPのスパコンは秒間約250クアドリオンの計算能力を持つ。これはIBMの最速スパコンSummitよりも25%速い。

SDPのプロジェクトマネージャミコリスによれば、スパコンを作るために必要な新しいソフトウェアやハードウェアは他の分野でも有効だ。SDPの最速なコンピューティングパワーは、天気予測や医療研究などの最先端のシュミレーションに関する様々なフィールドの魅力的な研究を助けるのに使えるかもしれない。

感想

SDP、SKA、初めて聞きました。

一応情報科学を大学で勉強してたんですが、科学の発展は目覚ましいですね。

ドッグイヤーで次々と知らない単語が出てきます。

SKAを調べてみると、

スクエア・キロメートル・アレイ(Square Kilometer Array, SKA)は、集光面積1平方kmの電波望遠鏡である。(wikipediaより)

電子望遠鏡のことみたい。

電子望遠鏡のデータってものすごいデータ量になりそうなので、それを処理するってかなりのコンピューティング能力が必要になりそうですね。

スパコンと言うと富士通の京が記憶に新しいですが、IBMのSummitと言うスパコンもあるんですね。

スパコンの処理能力が高度化するのは良いですが、一般人にもそのスピードを体験できるような施設が欲しいです。

英単語

Perth, 西オーストラリア州のパース

Comprehensive, 総合的な、包括的な

Exceptional, 並外れた、格別な

Heavenly, 天空の

Telescope, 望遠鏡

Fascinating, 魅力的な