フランスがノートルダム寺院を再設計するコンテストを実施

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/06/25/france-starts-contest-to-redesign-the-notre-dame-cathedral/

要約

フランス政府は、建築家向けにダメージを負ったノートルダム大聖堂のデザインを提案するためのグローバルなコンテストを開始することを発表した。

4月の大規模火災によって、850年のユネスコ世界遺産の屋根と尖塔が損傷した。フランスの大統領マクロンは、2024年のパリ主催の夏オリンピックまで大聖堂を再建すると話している。

マクロンの約束を受け、フランスの首相はノートルダムの再建のためのデザインを提出させるために建築家を招聘した。これによって、多くの提案が世界から集まった。

目立った1つのデザインが受賞歴のある建築家コルボーのものだった。彼のデザインは大聖堂の屋根と尖塔を太陽光発電のガラスにかえる発想だ。ガラスは光を吸収し電気に変えることで、大聖堂は必要以上のエネルギーを生産することが可能になる。

他の着目すべき建築家はブラジルのファントッジだ。彼のデザインによれば、屋根や尖塔はステイングラスで作られている。ステイングラスは大聖堂の他のパートでも使われている。夜になると、ライトがステインガラスを照らしその色を強調する。

有望なデザインにも関わらず、ユネスコ世界遺産のディレクター含め何人かの人は大聖堂を再設計することに断固反対している。ノートルダムはフランスの歴史や文化の重要な一部なので火事の前の形に戻すことを望んでいる。

しかし、オリジナルの形に戻すのはチャレンジングだ。フランスは最近森の減少によって、ノートルダムの屋根や尖塔で使われていた、かしの木が不足している。

感想

フランスの場合大統領と首相が異なり大統領は外交、首相は内政というように役割が分担されています。大統領が首相を任命します。

火災は2019年4月15日に発生しました。個人的には、世界文化遺産なので元の形に戻すべきだと思います。

ノートルダムはフランス語で「我らが貴婦人」という意味で、聖母マリアを示します。ローマ・カトリック教会の大聖堂です。全体が白いことから「白い貴婦人」とも言われています。

英単語

Redesign, 再設計

Ravage, 破壊する

Spire, 尖塔(せんとう)

Prime Minister of France, フランスの首相

Glass, ガラス

Re-imagine, 新たに想像する

Adamant, 断固とした

Oak tree, かしの木