首をストレッチした後に脳卒中になった男

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/06/26/man-suffers-a-stroke-after-stretching-his-neck/

要約

アメリカのオクラハマの28歳の男が首をストレッチした後に脳卒中を引き起こした。

男はハダーという名前で首を痛め、そのあとに痛みを和らげるためにストレッチをした。首に手で圧力をかけようとした後、ポンという音と共に左側の体が無感覚になった。彼はアイスパックを冷蔵庫から取り出そうとしたが、彼はまっすぐ歩けなかった。彼の視界もぼやけた。

ハダーの義理の父が到着し病院へ急いで運んだ。その後、彼はマーシー病院へさらなる治療のために転送された。

検査の後に、医者はハダーが脳卒中であることを確認した。脳卒中は動脈が詰まった結果、体が麻痺する病気である。

検査によれば、彼は首の後ろの動脈を破裂させ、それによって血液の塊が作られた。引き裂かれた動脈は、首のストレッチによって起きたことが分かった。

脳卒中のあとハダーは4日間ICUにいた。その後、彼は正しく歩くためのリハビリを受けた。傷ついた神経は目に繋がる筋肉を弱めたため、彼は眼帯をした。

ハダーを治療した医者マッコロムは首をストレッチした後に動脈を引き裂くことはとても珍しいと言った。首のストレッチは安全だ。しかし、正しいストレッチは首を側面から他方へゆっくりと動かすことで、捻じ曲げてはいけないと注意した。

この事件のあとにマーシー病院はハダーの物語をフェイスブックにアップロードし、不適切な首のストレッチに関する危険性の注意喚起を行った。

感想

英単語

Stroke, 脳卒中

Numb, 麻痺、無感覚になる

Sore, 痛む

Popping, sound, ポンという音

Paralysis, 麻痺状態

Arteries, 動脈

Rupture, 破裂

Blood clot, 血液の塊

Torn, 引き裂かれた

Eye patch, 眼帯

Tearing, 引き裂く