創設者が企業の所有権の1部を従業員に渡す

本日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/07/01/company-founder-to-give-part-ownership-to-employees/

要約

イギリスのラジオとエンタメの小売業者リッチャー・サウンズの創設者は会社の経営権を従業員に渡した。

リッチャー・サウンズを1978年に創設したジュリアン・リッチャーは会社の日々の運用を止めることにした。彼が退任するときに会社は9.2百万ユーロの報奨金を彼に支払ったが、そのうち60%は従業員持ち株信託に変換された。信託はリッチャー・サウンドトラストと呼ばれ、500人の従業員にビジネスをコントロールする権利を与え所有権の1部を持つ。

リッチャーは会社を常に従業員に渡すように計画していた。3月で60歳になったあとに、彼はそうする時間がきたと感じた。彼は変化を監視し、企業のお客様やパートナーが新しい調整によってネガティブな影響をうけないことを確信した。

所有権を移管する他にかれは3.5百万ユーロを企業に与えた。各従業員は企業で働いた年に応じて、年1000ユーロを受け取った。20年働いた人にとっては大きなボーナスになる。

リチャー・サウンズの議長であるデビッド・ロビンソンはリチャーの決定を称賛した。彼は、この行動によって、従業員がより企業に執着し、成功に興味を持つようになると話している。

ビジネスの管理を渡すがリチャーはこれからも役割を担う。しかし、日々の会社の運用はマネジメントボードや従業員で構成される新しい被信託人やアドバイザリーカウンシルによって行われる。

感想

“ownership trust”、オーナーシップトラスト、持ち株信託と訳すようです。創設者が会社の株式を従業員に割り当てるのでしょう。企業の株がもらえて、さらに年1000ユーロの臨時ボーナスももらえるみたいです。会社員は企業の株を持つことで仕事に対する責任感を持つことにもなるので、経営者としても良い判断なのではないでしょうか。

英単語

Retailer, 小売業者

Stake, 賞金

Trust, 信用貸し

Oversee, 監督する

Transition, 移り変わり

Ownership trust, 従業員持ち株信託,

Trustee, 被信託人