97歳の女性が初めてプロムに参加

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/07/11/97-year-old-woman-goes-to-prom-for-the-first-time/

要約

97歳の女性が初めてひ孫の高校のプロムに参加した。

祖母であるデイニスは初めてプロムに参加するという夢を達成した。ダンスは孫が生徒として通うアメリカのロード島にあるピルグリム高校で開催された。孫のヒュードンからダンスの誘いを受けて、デイニスは喜んで参加した。

デイニスよれば、彼女の家族の状況が喜ばしくなかったため、十代のときにプロムに参加する余裕がなかった。1939年から1929年におきた大恐慌で、彼女の家族は経済的に苦しんだ。ダンスに参加できなかったことは彼女に悪影響を与え、彼女は学校からドロップアウトすることを決意した。

80年の時を経て、デイニスはヒュードンの助けを得て、デイニスはダンスを楽しむことができた。ダンスに参加することは孫とまとめたバケットリストの1つだった。ヒュードンがピルグリム高校の校長と話してくれたおかげで、デイニスは参加することができた。

校長であるハバーショウはデイニスがバケットリストを1つ叶えることができて喜んだ。彼はダンスへの参加を認めて、プログラムの終わりには生徒が拍手する中プロムクイーンの王冠を渡した。

デイニスはプロムの体験を喜び夜通しエネルギッシュに踊った。97歳はこの体験は特別でこれ以上の活動をバケットリストに追加することは望まないと話している。

感想

“bucket list”:

死ぬまでにやりたいことリストと訳すようです。

日本語では同じ意味の言葉がないので訳しづらいです。

死ぬまでにやりたいことをリスト化するのは日本ではあまり聞きませんが、アメリカではよくあることなのでしょう。

言葉からこの辺の文化が読み取れて面白いです。

死に対して前向きな欧米の姿勢が読み取れますね。

Backet=「バケツ、桶」という意味ですが、kick the bucketだと死ぬという意味になるようです。

桶を蹴ると、祟りにあって死ぬというジョークから来ているのかもしれません。

“prom”:

この記事の大事な単語、プロム。

最初に読んだときに「プロムってなんだ?」って思いました。

高校のダンスパーティのことを言うらしいです。

欧米では高校でダンスパーティがあるのが普通なのですね。

日本ではダンスパーティなどありませんでした。

ダンスができる高校生、かっこいいですね。

英単語

Prom, プロム、高校のダンスパーティ

Oblige, 喜んでする

Great Depression, 大恐慌

Bucket list, 死ぬまでにやりたいことリスト、kick the bucket, 死ぬ

Put together, まとめる

Cross off, 取り出す

Honorary, 名誉、アナラリィ

Crown, 王冠