新しい食料コーティング技術が食品廃棄物を減らす

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/07/10/new-food-coating-developed-to-reduce-food-waste/

要約

画期的な食品コーティング技術によって、野菜や果物の賞味期限を伸ばす。ヨーロッパコミッションはApeelと呼ばれる新しいコーティング技術を許可した。このコーティング技術はアスパラやアーティチョーク、レモン、アボガドなどの作物に使われる。

アメリカのApeel Sciences社によって開発されたコーティング技術は種や皮、パルプの中に自然に存在する物質から作られる。フルーツや野菜に適用されたときにApeelは酸素バリヤを作り、分解を遅らせる。何もしていないバナナは茶色になりカビが生えたが、Apeelがコーティングされたバナナは10日経った後でも新鮮な黄色を保った。

フルーツや野菜の賞味期限を伸ばすため、Apeelは世界の食べ物の廃棄問題を解決するのを助けるのを期待されている。統計によると世界の33%の食べ物が最終的に埋められる。消費者や小売業者は新鮮でなくなった食べ物や消費期限が近くなった食べ物は捨てる。

食べ物の廃棄を減らすのとは別に、Apeelはプラスチック破棄を減らすことができる。小売業者がプラスチックの梱包なしで新鮮な製品を売れるからである。Apeel Sciences社のCEOは、食品コーティング技術はプラスチック廃棄が問題になっているイギリスで有用であると話している。

ApeelコートされたアボガドはアメリカのKroger,Harps,Costcoなどのスーパーマーケットで販売されている。Apeel SciencesはヨーロッパのサプライヤNature’s Prideと組み、今年後半にイギリスのスーパーマーケットでフルーツや野菜を配る予定。

日本やメキシコ、ペルーを含む他の国では、このコーティングの使用を承認した。

感想

コーティング技術によって食品の寿命を延ばせるらしいです。

種や皮から作られるのがすごいですね。化学物質だと使うのが嫌ですが、その心配もありません。

バナナはすぐに茶色くなるので、長持ちするようになるのは嬉しいです。

日本でも使用が承認されたようですが、市場に導入されるのはいつになるのでしょうか。

英単語

Give the green light to, 許可を出す

Artichoke, アーティチョーク

Edible,食べられる

Decomposition, 分解

Moldy, カビの生えた

Shelf life, 賞味期限