自然の中に週2時間いると健康になる

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/07/31/study-two-hours-a-week-in-nature-can-improve-health/

要約

 新しい研究によれば、自然の中で週2時間過ごすと健康になり心理的な幸福が得られる。

 エクセター大学は20,000人が一週間前に自然と接触したかどうかを調査した。参加者は彼らの体験と活動について質問に答えた。彼らは10段階で健康状態や幸福度合いについても答えるように指示された。

年や経済状況、位置情報にも関わらず、参加者は自然で週2時間過ごすと幸福度が向上すると答えた。長い間健康状態に問題があった人でも自然と触れ合った後に気分が良くなった人もいた。2時間以上の触れ合いに、追加の効果はなかった。

 研究者はなぜ健康に影響するのか突き止めることはできていない。自然は人に静寂を与えストレスを減らすので、人の健康やライフスタイルに良い影響を与える。

 この研究は自然の中にいるメリットを享受するための時間を定量化した初めてのものだ。医者が患者にどの程度の時間自然の中にいるべきか伝えることが出来ないことがわかったので、この研究は実施された。

 この結果を踏まえ国会議員は緑の場所を重要視すべきだと研究者は話す。彼らはインフラの開発時にこの発見を考慮し、ビルの市内公園などを作るべきだと話している。

感想

まぁそりゃそうだよなーという感想。

首都圏で働く人にも自然は必要です。

自然の中にいることでリラックスできて幸福度が高まりますからね。

日本の都内にも最も緑が増えても良いんじゃないかなーと思います。

私の働いているオフィス街はほとんど緑がありません。

ちなみに、このエクセター大学というのはイギリスの人気校で、英国版アイビーリーグの1つだそうです。

英単語

Welfare, 幸福

Psychological, 心理的な

Tranquility, 静寂な

Reap, 取得する

Lawmaker, 国会議員