イギリスの教育大臣が自撮りを制限

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/08/03/uk-education-secretary-asks-celebrities-to-take-fewer-selfies/

要約

 サイバーブリングデイにイギリスの教育省の大臣デミアン・ハインズがソーシャルメディアを責任を持って使うように有名人に呼びかけた。

 大臣は若者の身体イメージに影響を与えるとして有名人に自撮りを減らすように呼びかけ、編集した内容について正直になるように求めた。ハインズによれば、自撮り写真は若い人に完全な体のプレッシャーを与え、摂食の病気を自然と思わせる。若い人はオンライン上で現実的でない写真を見ているので、”普通”について歪んだアイデアを持っている。

 有名人の自撮りによって決められた現実的でない基準によって、十代の人がウツになったりオンラインのいじめを受けている。メンタルヘルス財団は、40%の若者が、友達のコメントを受け自分の体に不安を持っていることを報告した。イギリスはオンラインいじめが世界で最も多い。これらのレポートは若い人がオンライン上で多くの時間を費やすことに警告している。

 ハインズはソーシャルメディア企業やオンラインのストリーミングサイトにコンテンツを監視するように要求した。有名人が自撮りを投稿する最適な場所だとして、特にインスタグラムやスナップチャットに呼びかけた。

 ハインズは有名人が画像投稿を減らすように自身のソーシャルメディアのアカウントを使って懇願した。自撮りを投稿するのではなく、旅行や自然の美しさについて若いフォロワーを教育するように求めた。

感想

Secretaryの翻訳が難しいと思いました。

秘書という意味もあるようですが、ネットで調べてみるとデミアン・ハインズが大臣だったので大臣としました。

他にも「長官」という意味合いもあるそうです。

職位は国によって違うので翻訳するのが難しい単語の1つです。

フェイスブックやインスタを見るのが問題なのではないでしょうか。

私はインスタもフェイスブックもみません。

あれは子供や家の自慢をするツールだと思っています。

レッスン中に「自慢をする」は「boast」を使いましたが、先生は「bragging」(ブラギング)と言っていました。

「Is he bragging about his new car again?」:彼はまた新しい車について自慢しているよ。

英単語

UK Education Secretary, 教育省の大臣

Body image, 身体イメージ

Foundation, 財団

Call out, 呼びかける

Plea, 嘆願