休暇取得で心臓病のリスクが減少する。

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/08/05/study-going-on-vacation-reduces-risk-of-heart-disease/

要約

Psychology & Healthジャーナルに投稿された研究によれば、休みを取得すればするほどメタボリックシンドロームにある可能性が低くなることが分かった。メタボリックシンドロームは食べ物をエネルギーに変える能力の病気である。心臓病を誘発する可能性もある。

メタボリックシンドロームになると、ウエスト回りに脂肪が増え、高いレベルの血圧、血糖、コレステロール値になる。多くの病気を持っていると、心臓病のリスクも増える。

メタボリックシンドロームと休暇の関係を調べるために、研究者は有給休暇を取得できる63人の労働者の血液サンプルを分析した。彼らは参加者が過去に取得した休暇も調査した。インタビューで聞いたのは、休暇の長さ、活動した内容、体験したことの評価だった。

平均で取得した休日の長さは5日で過去に取得した合計の休暇は2週間であった。休暇を取得していない人は46.7%でメタボになる可能性があり、5日間休暇をとった人は16%であった。

米国の統計では、有給取得の権利がある50%以上の従業員はこの福利厚生を活用できていない。研究者は、従業員が健康のために有給を取得した方が良いと話す。

感想

メタボと有給休暇の関係の調査面白いですね。

休暇を取らないとストレスがたまりメタボになる人が増えるのではないでしょうか。

アメリカは休みを取る人が少ないと聞いたことがあります。

もっと休みをとって健康に過ごせるといいですね。

英単語

Appraisal, 評価