科学者が食欲をコントロールできる神経細胞を発見

今日のニュースはこちら。

https://www.rarejob.com/dna/2019/08/13/scientists-discover-nerve-cells-that-control-hunger/

要約

アリゾナ大学(UA)の科学者が食欲を切り替える一連のニューロン(神経細胞)を発見した。

アリゾナ大学の神経科学部の科学者の説明によると、ニューロンは食欲を活性化もしくは抑えるために脳の領域と共に働く。これらの領域は、感情を管理する偏桃体の中に隠れている。

科学者は重篤な患者が患っていた極度の食欲不振の原因を探っている途中で発見した。この食欲不振は体の炎症によって起こり、治療の成功に影響する。

ニューロンが食欲に影響するか調べるために、科学者は食欲不振なマウスを使って調査した。偏桃体の中にあるニューロンを抑制し、マウスのお腹を空かせた。その後、ニューロンを活性化させ、食欲を減らした。

このニューロンはマウスの中に見つかったが、科学者は同じニューロンが人の体の中にあることを証明したい。彼らは医学の専門家が食欲不振の患者の食欲を助けるために、脳内のニューロンを抑制できると信じている。同様に筆頭の科学者Caiは肥満に苦しむ患者のニューロンを活性化させ、食べる量を減らすことができると話す。

Caiは食べることは複雑なプロセスであると指摘した。人は美味しい食べ物を見たときや体が食べ物を求めたときに空腹を感じる。人が食べ物を与えられたときに満足感を感じるまで食べ物を噛んで飲み込む。このプロセスは脳の異なった領域間のコミュニケーションを促すため、科学者はこのプロセスに興味をもっている。科学者は食べるプロセスについてさらに調査していく予定だ。

感想

ニューロンを操作することができれば、食欲をコントロールできるようになりますね。

太っている人、痩せている人が減ってみんな健康になると思います。

欲を言えばいくら食べても太らない体質や薬がほしいです。

どれだけ食べても太らない人っているじゃないですか。

そういう人の体を分析して遺伝子を操作すれば他の人も同様の体質になれるのではないかと思います。

英単語

Neuroscience, 神経科学

Region, 領域

Be tucked away, 見つかりづらい

Amygdala, 偏桃体

Inflammation, 炎症

Delectable, 美味しい

Feed, 食べ物を与える

Fascinated, 魅了される