映画を一緒に観ると類人猿の絆が深まる

https://www.rarejob.com/dna/2019/08/31/study-apes-bond-better-after-watching-a-movie-together/

要約

人間と同じでサルも同じ経験をすることで絆や親近感が深まることがわかった。

絶滅危惧種であるチンパンジーの亜種、ボノボ、チンパンジーのような類人猿が、社会的な絆の点で同じ行動をすることがわかった。体験を共有することで彼らの絆をよりよいものになる。この行動は人間特有のものだと思われていた。

Duke大学の研究者が、2つの実験を行なった。サルに映画を観させアイトラッカーを使って視線を監視しお互いの影響を調べた。

最初の実験では、チンパンジーやボノボが見知らぬ人間とペアを組んだ。人間は猿と映画を見るか、猿が映画を観ている間他のことをした。2つ目の実験では猿同士でペアを組ませた。

2つの実験結果は同じであった。猿が人間と映画を一緒に見た場合、人間に歩み寄るのが早かった。似たように猿同士が英語を一緒に見た場合、一緒に遊んだり見繕いをしてお互いの絆を見せた。

研究者は共有経験を通じた人のつながりの進化的ルーツについて新しい知見が得られたと思っている。

共有経験の数が少ないことについても説明している。例えば、ソーシャルメディアである。ソーシャルメディアはオンラインでその時の経験を共有できるが、TVを見たりご飯を一緒に食べる経験よりも深い質のものではない。

感想

同じ経験をすることで絆を深めるのは人間だけでなくサルも同じだったという話です。

人は会えば会うほど親近感が深まると言われています。

仕事や学校では集団生活が求められます。

経験を共有することで絆が深まるのは、人が進化していく中で必要なことかもしれません。

ヒトはサルが進化したものですので、この特徴を持っていてもおかしくはありません。

人に限らず動物の世界でも集団生活が基本です。

集団生活は外敵から身を守り生き残るための必要な手段です。

絆や親近感は集団生活をより力強いものにしていくための必要な要素なのではないでしょうか。

英単語

Ape, サル、類人猿

Social bonding, 社会的絆

Interaction, 相互の影響

Grooming, 見繕い

Evolutionary, 進化的な

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog