持株会で投資を始めよう

サラリーマンで株式投資を始めたい方がいたら、自社の持株会制度を利用するとお得です。

持ち株会は月々の給料から一定額差し引いて、自社の株を買ってくれる制度です。

企業のスキャンダルによって株価が下がり損するリスクはありますが、順調に売り上げを伸ばしている企業であれば株価も少しずつ上がり配当金という形で年2回お金をくれます。

 

いくら分の株を買うかは自分で決められます。

月々1000円~5万円の範囲で、1000円単位で選べるケースが多いようです。

さらに会社から奨励金が上乗せされます。例えば、月々1万円買うように設定したとして会社からの奨励金が10%だとしたら、毎月購入できる額は11000円になります。

このあたりの額は企業によって違うので確認すると良いでしょう。

 

「なんだ、たったの1000円か」って思うかもしれませんが、奨励金の10%上乗せはかなり大きい割合です。よく投資の世界では、投資した額に対して配当利回りを計算します。

例えば年間100万円投資して配当金で3万円儲かったとします。

すると、この時の配当利回りは、3%(3/100)になります。この儲かった3万円を、インカム・ゲインと呼びます。

 

一方で、キャピタル・ゲインというものもあります。

キャピタル・ゲインとは、株価の変動に応じて利益を出すことです。

例えば500円で買った株が600円に値上がりした。そのタイミングで売ると100円の儲けがでます。これがキャピタル・ゲインです。

 

キャピタル・ゲインは、儲けの幅が大きいですが、常に株価の動きを見張って売りさばかないといけないので、日中仕事をしているサラリーマンには向いていません。

一方で、インカム・ゲインであれば何もしなくても年2回の配当金がもらえるのでサラリーマンでも十分運用して利益をだすことができます。

 

このインカム・ゲインを得るために投資していくにあたって、大事なのは配当利回りです。

一般的な東証1部企業の配当利回りを見てみましょう。

例えば通信大手のソフトバンクの配当利回りは現時点で2.49%、トヨタ自動車は3.10%です。

この数字を見てどう思いますか?日本を代表する企業でも配当利回りはたったの3%程度です。

つまり、100万円買っても得られる配当金は3万円。

 

それに比べると、持ち株会奨励金の10%というのはかなり大盤振る舞いの数字だということが分かると思います。

年間100万円投資したとしたら、10%、つまり10万円分多くの株式が購入できる。

これはめちゃくちゃお得なのです。

 

加えて持ち株会にお願いして株式を購入するとドル・コスト平均法を使って、株価が高い時には少なく安い時には多く買ってくれます。

お金を預けておくだけで、奨励金も出て良い感じに株式を買ってくれる。

こんなに良い条件の株式投資はなかなかできるものではありません。

 

また少額で買えるのもお得です。例えばトヨタ自動車の株の場合、現時点では1株7000円程度です。

株を買う際の単位は100株なので、70万円持っていないと100株買えません。

それに比べて、持ち株会だと最低1000円から投資できますので、元手が少なくても少しずつ貯めていくことができます。

 

東京証券取引所が行った「2017年度従業員持株会状況調査結果」によると、2018年3月末時点で東証に上場している企業3601社のうち、証券会社と契約して従業員持株制度を運営している企業数は3184社。約9割の上場企業が従業員持株会を活用していることが分かります。

https://jinjibu.jp/keyword/detl/1009/

 

以上のデータより、実は上場企業の9割の会社が従業員持株会を活用していることが分かります。

サラリーマンの方でこれから投資をしてみたい、と思っている方は是非持株会を検討してみてはいかがでしょう!

おわり。