健康データを集めるウェアラブルデバイス

https://www.rarejob.com/dna/2019/09/14/scientists-create-comfortable-wearable-device-that-collects-health-data/

・要約

 科学者が人目を引くようなHMIのウェアラブルデバイスを開発した。

 HMIデバイスは人とマシン同士のコミュニケーションができる。このデバイスを人が装着するとデバイスが健康に関するデータを自動的にスキャンして、機械がデータを集めて保存することを可能にする。

 HMIデバイスはヒューストン大学の科学者によって開発され、従来のものよりも取り付けやすい。科学者Yuによればこのデバイスは薄くて柔軟なため、あたかもデバイスフリーな感覚で自由に動ける。1つのパッチは肌のようなテープにくっつき、もう1つのパッチはフィードバックを送るためにロボットにつく。

 パフォーマンス面では、他のHMIデバイスは使っていると性能が悪化する。従来のデバイスは大きく、一度に複数の機能を使用することができない。新しいHMIデバイスは多機能だ。異なる健康データを集めて保存でき、体の状態を監視でき、病気を検知できる。ハンドシェイクするだけで、患者の健康状態を特定するのに使える。

 ロボットの人工の肌としても使える。人にとって危ない場所でロボットが情報を集め送信する。

 Yuと同僚は従来の形や機能を向上させるためにHMIデバイスを開発した。安くて製造が簡単なので、低価格、高品質で取り付けやすくなった。

・感想

健康データを集めるウェアラブルデバイスが開発されたというニュースです。

画像を見ましたが本当に薄くて、絆創膏を貼っているような感じでした。

健康に関するデータって何ですかね。

血圧や心拍数くらいなら取れそう。

HMIなので、人とロボットが通信します。

健康データをロボットに送って保存するメリットが分からないです。

・英単語

Noticeable, 人目を引く

Go downhill,  だんだん悪くなる

Bulky, 大きい

Form,

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog