ドイツ企業が植物肉市場に参入

https://www.rarejob.com/dna/2019/09/20/company-considers-entering-growing-plant-based-meat-market/

・要約

ドイツ企業のBayerは植物肉の市場に入ることを検討している。

Bayerは農業やヘルスケアのサービスを提供することで知られる。他のビジネスを取得したあとに、世界で最も大きな農薬や種の企業になる。

Bayerはプロテインの代用品として、植物肉の市場に入ることを検討している。Bayerは植物の繁殖ビジネスを成長トレンドであり、ビジネスチャンスだとみている。

野菜やソイバーガーのパティの植物肉の代用品は、近年人気になっている。調査によると46%のアメリカ人は従来の肉よりも植物肉を好む。動物性の肉を食べるのは、健康リスクや動物の福利厚生、環境への害をおよぼすため、植物性の肉に切り替えたい。

アナリストは植物肉のマーケットが拡大するとみている。動物性の肉を作っていた従来の企業である、Tyson Foods IncやMaple Leaf Foods Inc, Perdue Farmsは豆やエンドウ豆からできた肉を売り始めている。

しかし、Bayerがプロテインの供給者になることはベジタリアンの中では倫理的な問題になっている。Bayerは菜食主義、つまり動物を食用や服などに利用することを避けるライフスタイル、に反する活動をしていた。実験で動物を使うことを許可していたことは企業への批判の的になった。

・感想

ドイツ企業が植物肉の市場に参入するようです。

ベジタリアンは反対しているようです。

アメリカ人の46%が動物肉よりも植物肉を好んでいるのは衝撃的な数字です。

植物肉は健康的なので、日本でもブームになるのではないでしょうか。

日本のスーパーでは見かけないのですが、個人的には食べてみたいです。

・英単語

Plant based meat, 植物肉

Breeding, 育種

Pea, エンドウ豆

Vegan, ベジタリアン

Admission, 入場

Hold against, 責める

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog