アマゾンが新書を予定よりも早くリリース

https://www.rarejob.com/dna/2019/10/20/amazon-criticized-for-releasing-new-book-earlier-than-scheduled/

・概要

Amazonは出版社との契約を破り批判されている。

出版社のペンギンランダムハウスは、Margaret Atwoodのトップシークレットである本「The Testaments」を売るにあたり、アマゾンと同意書のサインを行なった。この本は待望のatwoodのベスト小説,The Handmaids Taleの続編だった。本の出版日である2019年の910まで本の内容は秘密にするようにしていた。通常このような契約は本のリリースを誇大に広告し、出版社の利益を伸ばすために行われる。

しかし、リリース日の一週間前に、アマゾンは「The Testaments」を800部リリースした。売り上げに大きく影響したため、本の小売店は激怒した。

アマゾンは謝罪し、システムのエラーでアクシデントでお客様に配信してしまったと話す。アマゾンの代表者は、企業が著者やエージェント、出版社との関係を大事にしており、小売業者に引き起こしてしまった事故を悔やんでいると話す。

本の小売業者はアマゾンの説明に納得していない。彼らは、アマゾンのような大企業が同意を破るような結果を引き起こすことはありえないとして、フラストレーションを感じている。時間通りに出荷を行わなかったことで、ビジネスの同意を破った小売業者は罰を受ける。

小売業者はペンギンランダムハウスに対して、アマゾンに制裁を加えるべきだと話す。これに対して、出版社ペンギンランダムハウスは、ただのミスで現在では修正されていると話す。

・感想

要約すると、アマゾンが本を一週間早くリリースしてしまい、他の小売業者から批判されていると言うニュース。

アメリカのアマゾンでは、物が届くのに一週間ほどかかると聞いたことがあります。

日本では、AmazonPrimeに加入して物を注文すると次の日に届くのが当たり前になっています。

今や、本はアマゾンで注文する時代なのでアマゾンで一週間早くリリースされてしまうと、書店は大ダメージでしょうね。

それだけアマゾンの影響力が大きくなってきたと言うことでもあります。

・英単語

Publisher, 出版社

hype, 誇大な広告