恵まれない子供が通うイギリスの学校には図書館がない

https://www.rarejob.com/dna/2019/11/28/report-uk-schools-with-many-underprivileged-students-lack-libraries/

・概要

最近のレポートではイギリスで約8校に1つの学校が図書館を持っていないことが分かった。

イギリス国内のすべての学校に大きな図書館を設立する活動Great School Librariesによって調査は実施された。結果によれば、イングランド、北アイルランド、ウェールズの1750校で、約13%が図書館のためのスペースがない。恵まれない子供がたくさんいる学校では施設がない傾向が強い。

図書館のための特定のスペースはクラスルームやミーティングルームなどの他の施設になっている場合が多い。

図書館のないキャンパスでは食費が無料の学校の割合が多いため、レポートは裕福な生徒と恵まれない生徒の格差を強調している。

子供の本の著者は、読書によって知識や創造、理解力が向上するので、図書館へのアクセスは生徒の教育を強化する。図書館の無い学校の生徒はこのメリットを享受できない可能性が高い。

学校の図書館をみんなが使えるように、何人かの活動家はUK政府に裕福な生徒と恵まれない生徒のギャップをなくすように求めた。

The Association of School and College Leadersの事務総長は、教育費の削減により管理者は図書館の維持費を削減せざるを得なくなったと話す。

UK政府は読書の強化に努め、数年間にわたって教育費に予算が割り当てられるようにすると話している。

・感想

先進国であり戦勝国のイギリスで図書館がない学校が1/8もあるとは思いませんでした。

土地が広いので図書館くらい建てる場所はあると思います。それとも歴史的建造物が多く取り壊せないのでしょうか。

イギリスは格差社会なので恵まれない子供の学校に図書館がないのは気にする人が少なくなりがちです。

子供の未来のためにも図書館を設置してほしいですね。

・英単語

Underprivileged, 恵まれない

Disparity, 格差

Reinforce, 補強する、増強する

General secretary, 事務総長

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog