イギリスが月面ローバーを2021年に送る

https://www.rarejob.com/dna/2019/11/30/united-kingdom-to-send-lunar-rover-to-moon-in-2021/

・概要

イギリスが2021年に月に月面ローバーを送る予定だ。

スタートアップ企業Spacebitは、既存のローバーではできない方法で月をタンスる無名のローバーを開発した。4つの足と小さいサイズは、まだ発見されていない月のトンネルである月の溶岩洞を発見することを可能にする。溶岩洞が人の住む場所にできないか可能性を探る。

月面探索に重要な機能を持つ。全体で1.5kgの重さなので、月面へ運ぶのは楽になる。また、太陽光で動くローバーには、高解像度のカメラやセンサーがつけられるので、データを集めたり写真を撮影できる。写真は地球に送られる。

Spacebitのローバーは、将来的に燃料ロケットや宇宙飛行士の命を助ける潜在能力があり、月面上の物質を調べるための14の機器のうちの1つだ。この機器はPeregrine Lander宇宙船によって2021年に宇宙に運ばれる予定だ。このミッションはNASAPeregrine Landerを開発したAstrobotic社のコラボである。

10日間、月が回転する期間において、ローバーはミッションを達成した。10日が過ぎた頃、太陽は月の地平線に沈み暗闇が訪れ寒すぎて稼働できなくなった。Peregrine Landerは地球に戻り、月にSpacebitを置いてくる予定だ。

・感想

月面探索のローバーが2021年に打ち上げられる予定みたいです。スタートアップが開発したことは大きな夢をもたらしますね。

月に溶岩洞があることに驚きでした。人が住めるようになれば楽しいですね。とても寒そうですが。。。

・英単語

Lunar lava tube,月の溶岩洞

Instrument, 道具、機器

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog