イタリアでGoogleMapsが禁止に

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/01/italian-town-bans-google-maps-because-of-wrong-directions/

・概要

アプリの間違った支持によって迷子になった人がいたため、イタリアのSardiniaという小さい町がGoogleMapsの使用を禁止した。

Sardiniaの北東部にあるBaunei町では、美しいビーチと海辺の景色で知られる。しかし、旅行者がGoogleMapsを使って見つけようとすると、通り抜けできない道や狭い道に迷い込んでしまう。過去2年間で、144回レスキュー隊を読んだと市長は話す。

間違ったディレクションは街に深刻な被害をもたらしている。市長はレスキュー隊は無料であるため、地方政府にとってレスキュー費用が負担になると話す。助けられた旅行者は自分たちの車が受けたダメージについては責任を持つ。

問題を解決するために街はGoogleに問い合わせた。Googleの代表者はSardiniaの問題について気付いており、地方政府と一緒に問題解決を図っている。

地方政府はGoogleMap禁止の標識を設置した。市長はGPSの代わりに紙の地図を使い、迷子になるのを防ぐために地方のガイドと相談するようにアドバイスした。地方政府は紙の地図を配る予定だ。周知するためにソーシャルメディアでのキャンペーンも行う。

・感想

Googleが認知しているなら彼らの対応策を待った方が良いのではないですかね。

今さら紙の地図を配るのはコストがかかってもったいないと思います。

GoogleMapって便利ですよね。私も電車やバスを調べるのにGoogleMapを使っています。

日本、特に東京では問題なく使えています。

・英単語

Locate, 見つける

Straighten out, 問題を解決する

Erect, 設置する

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog