赤ちゃん用ティッシュからプラスチック削減

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/12/company-to-minimize-plastic-in-baby-wipes/

・概要

子供用品会社Huggiesは商品からプラスチック使用を最小限にすることを約束した。

イギリスに売られている子供用ウェットティッシュからプラスチックを排除する。5年間で、1600トンのプラスチックを排除できると話す。

企業はHuggies Extra Careを環境に優しくすることで年間17トンのプラスチックを削減する。Huggiesはウェットティッシュのマルチパックから余分なパッケージングを減らし、消費者喚起のためにプラスチックのコンテンツを包装紙に記載する。

Huggiesによる研究では、1日平均で24枚の赤ん坊用ティッシュが85%のイギリスの親で使われている。約9000の赤ん坊用ティッシュはリサイクルできず、トイレを詰まらせる。しかし、研究の参加者の間では、1/3を超える人が、ティッシュがよりエコフレンドリーであってほしいと望んでいる。

Kimberly-Clarkが所有しているHuggiesは2018年にUK Plastics Pactの1部になった。この協定は、プラスチックごみのイギリスの問題を解決するための企業や政府、組織間での持続的なイニシアティブである。署名すると、2025年までに不必要なプラスチック梱包を減らすことを約束する。

Huggiesは商品からプラスチックを減らす努力をしているが、他の方法も試している。プラスチックを減らすためのティップスをウェブサイトに掲載し、完全なエコフレンドリー製品を開発している。5年のうちに、全ての商品に100%のリサイクル梱包を開始する予定だ。

・感想

よくあるプラスチック削減の話です。

SDGsの取り組みは世界で行われているようですね。

1日24枚もティッシュを消費していることは知りませんでした。

結構多いですね。

・英単語

Wipe, ウェットティッシュ

Pact, 協定

Supplant, 代用