環境に優しいガスを作る人工葉

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/14/artificial-leaf-successfully-produces-sustainable-gas/

・概要

 ケンブリッジ大学の科学者が人工リーフを使用したクリーンガスの生産に成功した。

 水素と二酸化炭素の化合物である合成ガスを排出する人口葉を開発した。合成ガスは燃料、プラスチック、肥料などの精製に使われる。合成ガスの持続的な生産は、科学の発達や燃料産業に重要である。

 人工葉は光合成(太陽光を使って、炭素や水素を食料に変える)を真似する。太陽光を取り込むために、2つの光吸収機が葉っぱの表面に備わっている。コバルトから作られた触媒とともに作用する。デバイスは水に浸かると、1つ光吸収機が触媒を使って酸素を生成し、もう1つが二酸化炭素や水を一酸化炭素や水素に変換する。この方法で合成ガスが生成される。

 科学者によれば、1つのアブゾーバーは曇りや雨の日の少ない光で動く。世界中のどこでも、いつでも使用できる。

 科学者はこのデバイスはサステイナブルであると話す。他の人工葉とは違い、アブソーバは二酸化炭素の一酸化炭素への変換を促す物質からできている。デバイスの触媒は安く、1酸化炭素をより効率的に生成する。

 このチームは石油に代わるサステイナブルな液化燃料を生成する技術を模索している。合成ガスは液化燃料のための基礎になるため、次のステップでは合成ガスを作ってから変換するのではなく、二酸化炭素や水から直接燃料を作る。

・感想

科学者が燃料や肥料に使う合成ガスを生み出す人工葉を開発しました。

車や電車は石油(ガソリン)で動いていますが、これからは人口葉によって燃料が作られる日が来そうです。

二酸化炭素を減らし環境に優しい燃料の生成に期待です。

・英単語

Artificial leaf, 人口葉

Synthesis gas, 合成ガス

Fertilizer, 肥料

Likewise, 同様に

Photosynthesis, 光合成

Catalyst, 触媒

Carbon monoxide, 一酸化炭素

Carbon dioxide, 二酸化炭素