Facebookの検診ツール

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/17/facebook-launches-digital-health-screening-tool/

・概要

Facebookが、ペーソナライズされた健康リソースと定期診断リマインダを提供するヘルスケアツールを開始した。

Preventive Healthと呼ばれるツールは米国でのみ利用できる。ユーザの年齢や性別にアクセスし、かかりやすい病気や、定期健康診断のリマインダ情報を与える。

新しいツールはアメリカで2つの主な死亡原因であるガンと心血管病を回避するための予防健康として作られた。

この機能にアクセスするために、ユーザはFacebookでPreventive Healthと検索するか、ニュースフィードの広告をクリックする。こうすると、年齢や性別に関連するコレストロールテストのような多用な予防策を利用できる。

ツールは、医療手続きのリストや利用頻度の説明をする。ユーザは完了した手続きをチェックできて、定期診断のスケジュールを設定できる。

Preventive Healthは、ユーザにヘルスケアの場所を知らせるために米国のヘルスセンターの地図機能を持つ。

新しいツールのデータのセンシティブ性のために、FacebookのFreddy AbnousiはFacebookがパーソナルデータを外部の組織や保険会社に提供しないと話す。同様に、ユーザのPreventive Healthは他のFacebookユーザにアクセスしない。

FacebookはPreventive Healthを米国以外で展開する予定だが、現段階ではFacebookユーザがこのツールを使用するのか観察する予定だ。

・感想

Facebookが米国で健康ツールを開始したようです。

米国ではヘルスケア市場がかなり大きいのでしょう。

米国のエグゼクティブが運動をするように、ホワイトカラーは健康にかなり気をつけています。

Facebookの健康ツールはどのようにかかりやすい病気を判断するのでしょうかね。

年齢や性別だけだと個人に特化したものは提供できないと思います。

定期健康診断のリマインダ機能はちょっと微妙ですね。

スケジュールアプリで十分だと思います。

・英単語

health screening, 集団検診

Preventive, 予防的

Cardiovascular, 心血管

Tick off, チェックをする