寒さから電気を生成

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/19/new-device-lets-electricity-be-generated-from-cold-night/

・概要

科学者は夜の寒さから電気を生成するデバイスを発明した。

スタンフォード大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者は、Joule誌ではっぴょうした。この新しい機器のメカニズムはソーラーパネルと同様で、夜間に発電する。ソーラーパネルやバッテリーが止まった時にこの危機は電気のバックアップとして働く。

この技術は新しいものではなく、電気コンダクターが電気を生成するときの温度差を説明するSeebeck効果という現象に基づく。

このデバイスは上下に配置された2つの金属板を使う。2つの金属板の間は熱電生成器と呼ばれ、熱エネルギーを電気に変換する。上の金属板が冷たい空気に晒されると、下の金属板が密閉され地上に面し、上の金属板よりも暖かくなります。

夜の寒気は上の金属板が下の密閉された金属板よりも冷めるのを早くし、2つの金属板の気温差が作られる。下の金属板の暖気は上の冷めた金属板に流れる。流れた熱気は熱電生成器を通じて、電気に変えられる。

研究者はLEDライトを光らせるだけのデバイスの試作機を作成した。しかし、より大きいバージョンであれば電話の充電器や他のデバイスのための十分な電気を作れる。この技術は特に極寒のエリアに住む人や電気が届かない遠方エリアに住む人々の助けになる。

・感想

寒暖差から電気が生成できるようです。Seebeck効果というのですね。

環境に優しくエコな技術なのでこれから流行ってくるかもしれません。

電話の充電器ほどの電気が生成できれば有用だと思います。

・英単語

Placed on top of one another, 上下に配置された

Thermoelectric, 熱電

Enclose, 閉じ込める、密閉された

Far-flung, 広範囲にわたる、遠方の