Googleが個人の健康データへアクセス

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/26/google-criticized-for-accessing-private-health-information-in-new-collaboration/

・概要

 Googleが健康データのプロバイダAscensionと組んで健康データにアクセスしたとして批判を受けている。

 データマネジメントシステムの無駄をなくし病気を予測するためのAIツールを開発するために、AscensionGoogleを採用した。ナイチンゲールと呼ばれるプロジェクトは、Google2600以上の病院のデータにアクセスできるようになる。患者の名前、誕生日、研究結果、入院、診断などのデータがAscensionから提供される。

 11月にナイチンゲールプロジェクトはウォール・ストリートジャーナルが報じた。このプロジェクトは2社がセンシティブな情報にアクセスしていた事を隠していたため、批判の的になった。GoogleAscensionは医者と患者に情報にアクセスしている事を知らせなかった。患者の情報にGoogleの社員がアクセスしていると考えると恐ろしい。

 プロジェクトはまだ開始段階なので、Googleは情報にアクセスしていないと説明する。医者や患者には周知されていないのは、Ascensionがそのステップを要求しなかったためとしている。

 プライバシの懸念を減らすために両社は信頼できるデータセキュリティと保護を行い、1996年施工の患者のプライバシを守るUS Health Insurance Portability and Accountability Actに準拠していると話す。

 Googleは患者の情報はAscensionが求めるサービスの提供以外のために情報を使用するつもりではないと話している。

・感想

データに名前が入っているのは個人が特定できてしまうのでアウトですね。

匿名化してから渡すなどの処置ができなかったのでしょうか。

AIが発展している中、多くの企業がデータを提供する時代になると思いますが、プライバシやセキュリティには注意したいですね。

・英単語

Streamline, 無駄をなくす

Break the news, ニュースを知らせる、悲報を伝える

Allay, 減らす

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog