エリザベス二世が動物皮を着るのをやめる

https://www.rarejob.com/dna/2019/12/28/queen-elizabeth-ii-quits-wearing-animal-fur/

・概要

 エリザベス2世は今後動物の皮製品を着ないと発表した。

 エリザベスのドレッサーによれば、今後王妃は偽物の皮製品を着る。動物の虐待を批判している動物擁護団体からの批判があったため、革製品を使うのをやめるようだ。

 王妃は革製品を捨てずに、コート、帽子、ローブなどは引き続き着用する。

 動物擁護団体は王妃の動きを賞賛している。HSIClaireは、王妃の行動はファッションに革製品を使うのを避ける強いメッセージになると話す。

 他のグループは皮を使わないポリシーをもっと広げるべきだとアピールする。PETAは王妃にクマの皮を使った帽子を着用を止めるよう求めた。イギリス政府に革製品を禁止する声もある。

 BFTAは本物の革製品はサステナブルで物持ちがよく、プラスチックフリーだと主張する。偽物の皮は自然に分解されるのに時間がかかる。

 さらにBFTAは動物皮が倫理的に作られていると主張する。飲食産業の副産物で、生素材を保存するために既存の製品から再製造されており、ゴミを減らすための動物の規制プロジェクトから認められている。

・感想

動物愛護団体の力が強いですね。

王妃に皮の使用を禁止させるとは。

BFTAによれば、革製品は食用に使用された動物の皮の再利用のようです。

であれば、動物の皮使っても良いんじゃないのかな~、と思ってしまいます。

だけどクマや馬ってあまり食べないので、本当に食用肉にされているの~?と疑問に思ってしまいますね。

・英単語

Reclaimed, 危険から解放されている

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog