ノイズ汚染が動物に与える影響

https://www.rarejob.com/dna/2020/01/04/study-noise-pollution-threatens-several-animal-species/

・概要

 人工ノイズは動物に深刻な影響を与える。

 従来研究では工場や車、機械のノイズが動物に与える影響を調査したが、それは個々の動物のみの調査だった。クイーン大学の科学者は様々な種類の動物のノイズの影響を調査した。

 彼らは108の研究を調べ109の異なったタイプの動物のノイズ影響を調べた結果、哺乳類、魚類、鳥類、昆虫類にかかわらず、すべての動物が人が生成するノイズの影響を受けることがわかった。動物グループ間でノイズに対する反応に違いはなかった。

 人の作るノイズは動物の生存に危機をもたらす。例えば、コウモリは餌を探すときに音響を使うためノイズ汚染は狩猟に支障をきたす。アザラシを1時的に耳の聞こえない状態にする。聴覚はアザラシにとって重要で、コミュニケーションや餌を探すのに使われる。

 重要な災害だと考えるべきだ。法律家がノイズを規制するためのより効果的な政策を作るために、研究者は必要な証拠や情報を提供する。研究者の行動は、ノイズ汚染から自然を守るために人々や政府が政策や戦略を作るためのきっかけとなる。

・感想

コウモリは音響で、アザラシは聴覚で餌を探します。

人の作った施設や工場がもたらす騒音は動物の耳に届き生存の危機をもたらします。

工場などの人工物と自然は共存することはできないので、しっかりエリアを区切って建設するようにした方が良いと思います。

・英単語

Acoustic, 音響の、聴覚の

Seal, アザラシ、アシカ、オットセイ

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

のっくん。理系院卒で大企業に就職。趣味は、読書、プログラミング、英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog