【Unity】iTweenで相対的なアニメーションを作成する

iTweenはPackageManagerからimportします。

MoveTo/RotateToだと特定の座標への移動/回転なので柔軟性が高くありません。

それに対して、現在位置から特定の分だけ動く相対的なアニメーションを作ればPrefabにも対応できて、オブジェクト/スクリプトの柔軟性が高まります。

相対的なアニメーションを作る時に、移動であればiTweenのMoveBy、回転であればRotateByを使うと便利です。

現在位置からy軸方向に1上に動かす場合には以下の通り。

現在位置からx軸方向に90度動かすには以下の通り。

第二引数には、角度ではなく、角度を360で割った値を入れるので注意が必要です。

おわり。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog