【Django】VPSにデプロイする

 

こんにちは。のっくん(@yamagablog)です。

 

今回の記事では、DjangoアプリをさくらのVPS(Ubuntu 16.04)にデプロイする方法をご紹介します。

 

デプロイすることでインターネット上に公開されますのでみんなに見てもらうことができます。

 

まずは、UbuntuをVPSにインストールするところからやっていきましょう。

 

実行環境

・さくらのVPS、Ubuntu 16.04
・Django 2.1

 

 

Ubuntuのインストール

 

さくらのVPSを契約していない人は下の記事を参考に契約してみて下さい。

 

https://ymgsapo.com/vps-ssh-login/

 

私の場合、デフォルトでインストールされているのはCentOS 6でした。以下の手順で新しくUbuntu 16.04をインストールしたいと思います。

 

さくらのVPSコントールパネルにアクセスすると以下のようにサーバの一覧が出ますので、クリックします。

 

 

右上の各種設定をクリックします。

 

 

以下のように標準OSを選択します。

 

 

パスワードはお好きなものを設定して下さい。スクリプトの設定がありますが、そのままでオッケーです。

 

 

これでOSがインストールできると思います。

 

プロジェクトのコピー

 

VPSコントロールパネルの中に「コンソール」がありました。そこにあるシリアルコンソール(ベータ版)を使って以下のコマンドを入力していきます。

 

 

<repo>はレポジトリのURLになります。開発したdjangoのプロジェクトがGithubにアップロードしてあるのが前提です。

 

PythonとDjangoのインストール

 

 

FireWallの設定

 

 

最後の「0.0.0.0:8000」が無いと外部からアクセス出来ませんので注意してくださいね。

 

ブラウザで「http://VPSのIPアドレス:8000」と入力するとアクセス出来ます。

 

以上です。お疲れ様でした。