【Jupyter Notebook】リモートアクセスできない時の対処法

 

久しぶりにブラウザでJupyter Notebookを開いたら、接続できない、つながらないってことありませんか。

 

そんな時の対処法(トラブルシュート)をご紹介します。

 

スポンサーリンク

トラブルシュートの範囲

 

サーバPCに入れたJupyter Notebookにリモート接続できない時の対処法についてお話しします。

 

 

サーバPCの電源を確認する

 

よくあるのがこれです。

 

Jupyter Notebookをサーバで動かしている場合、サーバの電源が落ちるとJupyterも落ちます。

 

停電などでサーバが落ちていないか確認する。

 

これが第一ステップです。

 

私の場合、停電以外でもルンバがお掃除中にサーバPCの電源ボタンを押して電源を切ったなんてこともありました。

 

サーバPCを机の上に置く、電源が切れないようにボタンを保護する

 

など物理的な対処が有効ですので、検討しましょう。

 

サーバのIPアドレスを確認する

 

サーバPCのIPアドレスは変動することがあります。

 

Ubuntuの場合は、「ifconfig」コマンドを使ってサーバPCのIPアドレスを確認しましょう。

また、ブラウザに入力したIPアドレスが間違っている場合もあります。こちらも確認しましょう。

 

 

また、ポート番号も確認すると良いでしょう。

 

Jupyter Notebookを起動させる

 

サーバPCでJupyter Notebookが起動していない場合もあります。この場合は、ブラウザからアクセスできません。

 

そんな時は、「jupyter notebook」と入力し起動させましょう。

 

ローカルでJupyter Notebookを起動させた時の画面

 

ちなみに、一度起動したサーバは「control + C」で止めることができます。

 

その他

 

クライアントPCがインターネットに繋がっていないなどの原因が考えられます。

 

有線LAN、無線LANを確認しましょう。

 

以上です。お疲れ様でした。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog