iPhoneをiOS15.1にアップしたらXcode12でUnsupported OS Versionが出た

Xcode12にiPhone(iOS15.1)を繋げたら「Unsupported OS Version」が出たので解決方法をメモ。

この手の問題はXcodeのバージョンを上げる(アップデートをする)と解決しますが、この記事ではXcodeをアップデートせずに解決する方法を紹介します。

DeviceSupportファイルをダウンロードする

以下のGithubのページから、15.0のファイルをダウンロード。

https://github.com/iGhibli/iOS-DeviceSupport/blob/master/DeviceSupport/15.0(FromXcode_13_beta_xip).zip

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport

の下にコピーする。

15.0のコピーを作成する。

15.1に名前を変更する。

Xcodeを右クリックして「終了」する。

再度起動するとエラーが修正されたが、次のエラーに遭遇。

iPhoneを再起動して、再度実行。

次のエラーに遭遇。

APP is busy: Copying cache files from device
Xcode will continue when APP is finished.

Xcodeを右クリックして「終了」する。

再度起動するとやっとアプリが実行できた。

この方法で解決するの面倒なので、もっとシンプルにしてほしい。

Xcode13へのアップデート

冒頭でも書いていますが、Xcodeのバージョンを13にアップデートすれば解決します。

Xcodeのバージョンと対応するiOSは以下の公式サイトに掲載されています。

https://developer.apple.com/jp/support/xcode/

Xcodeをアップデートする際には容量がかなり必要になります。

Xcodeをアップデートする際の容量確保については別の記事で記載しています。

Xcodeをアップデートする際に有効な容量確保方法

参考

https://clintmcmahon.com/unsupported-os-version-in-xcode/

https://qiita.com/yu_okb/items/4d20c8a7601b97769d18

https://zenn.dev/natsumi723/articles/d6dd9978b35beb