【Kotlin】Googleマップと現在位置を表示する

Google Mapを表示して現在位置を表示するアプリを作ってみた。

地図を表示

作ってみたと言っても、地図を表示するだけなら、すでにテンプレートがある。

新規でプロジェクトを作り、GoogleMapsActivityを選択する。

親切にマニフェストファイルに以下の記述をしてくれている。

APIキーを取得しないと、地図が表示できない。ということらしい。

上記のURLをクリックして、手順に従ってAPIキーを入手。

マニフェストファイルにmetaデータというタグがあるので、そこにAPIキーを記載する。

これで地図の表示は完了。

現在地の取得

まず、2つのパーミッションをマニフェストファイルに記載する。

次にコードを書いていく。

以下の3つの関数を作成する。

  1. パーミッションの取得状態を確認し、パーミッション・リクエストをする。
  2. パーミッション・リクエストした後のコールバック
  3. 位置情報をオンにする

補足

一度、「許可しますか?」の許可画面で選択をすると、アプリを再起動しても許可画面は出てこなくなる。

アプリをアンインストールすると、許可画面がまた出てくるようになる。

アプリの開発時に覚えておくと便利。

緯度と経度

緯度と経度を取得する方法について。

FusedLocationProviderClientを使うために、Gradleに以下を追加する。

クライアントとコールバックの変数をグローバルで追加。

onCreateの中で初期化する。

myLocationEnableの中に追記する。