SharedPreferenceの使い方

KotlinでSharedPreferenceの使い方を解説します。

プレファレンスを使うと、Activitiyで値をセットして、サービスで利用する、、、なんてことができます。

変数の共有するのに使えますし、アプリを終了しても値は保存されます。

使い方はとても簡単です。

まずは値を保存する方法から。

val data = getSharedPreferences("Data", Context.MODE_PRIVATE)
val editor = data.edit()
editor.putInt("DataInt", 123)
editor.apply()

次に値を読み込む方法です。

val data = getSharedPreferences("Data", Context.MODE_PRIVATE)
threshold = data.getInt("DataInt", 30).toFloat()

値が保存されていたら読み込み、何も保存されていなかったら30が返ってきます。