【Django】画像をアップロードして表示する

 

今日の記事では、Djangoで画像をアップロードして表示するだけのWebアプリを作ってみます。

 

 

作成するアプリ

 

写真を選択してアップロードするアプリです。写真の名前、写真、投稿日時が表示されます。

 

 

ライブラリのインストール

 

画像を扱うにはpillowというライブラリが必要です。下記のコマンドでインストールしてください。

 

 

メディア用ディレクトリの追加

 

settings.pyに以下のように追加・修正します。

 

ai_webapp/settings.py

 

プロジェクトフォルダの直下に「media」という名前のフォルダを作成します。

 

URLの設定

 

プロジェクトのurls.pyに以下の設定を追加します。

 

ai_webapp/urls.py

 

この2行がないと、画像が表示されないので注意してください。

 

モデル

 

画像を扱うためのモデルです。

 

 

upload_toを’documents’にしておくことで、/media/documentsに画像が保存されます。

 

フォーム

 

 

 

ビュー

 

 

テンプレート

 

 

マイグレーション

 

 

管理ツール

 

アップロードした画像を削除したい時に使います。

 

 

  • ユーザ名(admin)
  • メールアドレス(admin@no.com)
  • パスワード(適当)

 

admin.py

 

 

参考

 

Display Image in a Django Template (using ImageField)

 

以上になります。お疲れ様でした。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog