【Anaconda】Jupyter Notebookをインストールする

この記事では、Anacondaの基本的な使い方とJupyterのインストール方法をご紹介します。

Pythonでデータ分析やディープラーニングなどを行う時には、仮想環境を構築してその上にJupyterなどのパッケージをインストールします。

 

スポンサーリンク

仮想環境を作る

 

Anacondaをサイトから入手してMacにインストールしてある前提で解説をしていきます。

 

ここでは、env-testという名前の仮想環境を作成します。仮想環境の名前は自分の好きなように変えても問題ありません。Pythonのバージョンは3.6とします。

 

 

途中で以下のように確認画面が表示されると思います。

「y」を入力します。

 

仮想環境のアクティベーション

 

仮想環境が作成できたら、アクティベートします。アクティベートというのは、仮想環境をアクティブにするという意味です。現状だと仮想環境を作っただけでアクティブになっていないので、次のコマンドでアクティベーションするわけですね。

 

 

アクティベートできると、下記のようにコマンドラインの最初に表示されます。

 

以下のコマンドでも確認できます。

 

作成した仮想環境の一覧とアクティブになっている仮想環境が表示されました。

*(アスタリスク)がついているのが、アクティブになっている仮想環境です。

 

ちなみに、仮想環境のアクティベートを解除するときは以下のコマンドです。

 

インストール済みパッケージの確認

 

仮想環境が作成し、アクティベートできたところで、インストール済みパッケージを確認してみましょう。

 

 

これらはデフォルトでインストールされるパッケージです。

 

Jupyterをインストールする

 

Jupyterのパッケージを以下のコマンドでインストールします。

 

途中で確認画面が出てくるので、「y」を押して次に進みます。

 

Jupyter Notebookを起動させる

 

以下のコマンドでNotebookのサーバを起動させます。

 

ブラウザが立ち上がって、Jupyter Notebookの画面になります。

サーバをストップさせるには、「control」+「C」 です。

 

以上です。お疲れ様でした。