Pythonを勉強するのにオススメの本5冊

 

私が買って読んだPythonの本で、これは勉強になった!とかこれは分かりやすかった!って言う本を5冊、ピックアップして紹介します。

難易度をレベル1(やや簡単)、レベル2(普通)、レベル3(やや難しい)の3つに分けて紹介します。

 

スポンサーリンク

5位 Python クローリング&スクレイピング


Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド-

難易度:レベル3(やや難しい)

スクレイピングクローリングが詳しく学べる一冊。

HTMLやCSSのWeb技術に関する知識を必要とするので、初めての方にはやや難しいかもしれません。

ニュース記事や天気予報を取得するコードをPythonで書けるようになります。

キーワード:

  • Scrapy
  • データベース
  • Beautiful Soup
  • Web API
  • 画像認識
  • データ解析

 

4位 退屈なことはPythonにやらせよう


退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

難易度:レベル1(やや簡単)

オライリーシリーズです。初心者のために最初はリストや辞書、if文、for文からスタートします。辞書を使った文字のカウント、エクセルデータの集計、zipファイルの作成方法など、、、Pythonでこんなことまでできるんだって思いました。

キーワード:

  • フロー制御
  • 関数、リスト、辞書
  • ファイルの読み書き
  • ファイルの管理
  • Webスクレイピング
  • Excel,PDF,Word
  • CSV,JSON

3位 Django超入門


Python Django 超入門

難易度:レベル1(やや簡単)

「Pythonでwebアプリケーションを作りたい。」

そんな方にオススメの一冊です。

私は初めてDjangoに挑戦しましたがこの本のおかげで基礎を身につけることができ、3つほどオリジナルアプリを作りました。

環境構築からDjangoの基礎までカバーした初心者にオススメの一冊です。

キーワード:

  • Django
  • MVC
  • テンプレート、フォーム、ビュー
  • モデルとデータベース
  • リレーションとForeignKey
  • バリデーション

2位 ディープラーニング入門教室


いちばんやさしい ディープラーニング 入門教室

難易度:レベル2(普通)

環境構築からPythonの基本的な使い方まで、初めての方でも大丈夫なように丁寧に説明してあります。

分かりやすい図と丁寧な解説があるので、理解しやすい内容になっています。

「ディープラーニングって何だろう?」

「ディープラーニングを体験したい」

そんな方にオススメの一冊です。

キーワード:

  • ニューラルネットワーク
  • TensorFlow
  • Keras
  • 機械学習
  • Numpy、Matplotlib

 

1位 AI・機械学習・深層学習アプリの作り方


すぐに使える! 業務で実践できる! Pythonによる AI・機械学習・深層学習アプリのつくり方

難易度:レベル2(普通)

Pythonといえば機械学習ですね。機械学習って言うと難しい本が多いので避けてましたが、この本のおかげで機械学習が好きになりました。

初学者でも学べる内容で、理論でなく実装を重視した本です。コードの解説も丁寧なので、置いていかれることなく学習できました。

簡単な機械学習から始まり、画像処理や自然言語処理など幅広く学習できます。

キーワード:

  • アヤメの分類
  • OpenCV
  • 自然言語処理
  • TensorFlow、Keras
  • ディープラーニング

 

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog