【Python】rangeの使い方

 

今日は意外とよく使うpythonのrangeの使い方を紹介します。

 

 

0〜4が出力されます。rangeは0から始まることに注意してください。

 

開始点を決めることもできます。

 

5〜9が出力されます。5から始まり10は含みません。

 

2ずつ増やしたい場合は以下のようにします。

 

上のようにすると出力は0,2,4,6,8となります。偶数や奇数を使いたい場合に使えますよ。

 

マイナスの値を使いたい場合は以下のように書きます。

5,3,1,-1,-3が出力されます。

 

リストの中身を表示したい場合は、len関数とrangeを組み合わせて使います。

 

おわり。