【Unity】GooglePlay公開用のAPKを作成する方法

unity

UnityではAndroid StudioがなくてもAPKのバイナリファイルをビルドすることができます。

今回はPlayStoreに公開する場合のビルド方法について紹介します。

プラットフォームをAndroidに切り替えます。

キーストアの作成

「Player Setting」を開き、Publishing Settingsの「Keystore Manager」を選択。

「Create New」「Anywhere」を選択

拡張子を「.keystore」にして適当な名前で保存します。

パスワードとエイリアスを設定します。

First and Last Name以降は適当で良いです。

「Add Key」を選択。

「Yes」を選択。

ProjectKeyのAliasが先ほど作成したキーストアになっていることを確認します。

パッケージ名とターゲットAPIの設定

「OtherSettings」の「Identification」の設定をします。

com.企業名.プロダクト名の「企業名」と「プロダクト名」を上の方で入力します。

TargetAPILevelは、最新のAPIレベル、もしくは最新の1つ下の値でないとPlayStoreにアップした時に弾かれます。

64bitの設定

「OtherSettings」の「Configuration」の設定をします。

アプリを64bitにしないとPlayStoreで弾かれます。

IL2CPPを選択してARM64にチェックをします。

ビルド

自動でapkの拡張子が着きますので、拡張子無しの名前を入れます。

以下のようにapkが生成されればOKです!

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog