NUCにUbuntu18.04をインストールしてみた

 

この記事は「自宅でファイル共有サーバを作ろう」シリーズの第2弾です。

このシリーズでは、自宅で写真や動画を保存するためのファイルサーバを立てたい人を対象に解説していきます。

第1弾、NUCを組み立ててみた:https://ymgsapo.com/how-to-assemble-nuc/

 

今回の記事ではPCにUbuntu Server 18.04をインストールする方法についてご説明します。

 

 

Ubuntu Serverってそもそも何?

 

Ubuntu=Linuxです。世の中で動いている90%以上のサーバがLinuxです。しかも無料です。こんな素晴らしいOSが無料で提供されているのでダウンロードして勉強しましょう。

 

Ubuntuには二種類あります。Ubuntu DesktopとUbuntu Serverです。Desktopの方はGUI(Graphical User Interface)、Serverの方はCUI(Command User Interface)と覚えておけば良いでしょう。

 

 

Ubuntu Desktopは上の図のようなGUIなのでハードディスクの容量を使います。サーバとして使う場合にはGUIは必要ないのでこの記事ではUbuntu Serverを使います。

 

ブータブルUSBメモリの作り方

 

Ubuntuをインストールするために、Rufusというツールを使ってブータブルUSBメモリを作ります。4GBくらい空きのあるUSBメモリを用意しましょう。

 

Rufusのダウンロード

https://rufus.akeo.ie/

Ubuntu Serverのイメージファイル(.iso)のダウンロード

https://www.ubuntu.com/download/server

 

ブータブルUSBメモリの作り方

1. ノートPCでRufusを開くと以下のような画面になると思います。「デバイス」でUSBメモリを選択してください。
2. ダウンロードしたisoイメージをCDマークボタンを押して選択してください。
3. スタートを押すと処理が開始されます。

 

Ubuntuのインストール方法

♦使用するもの

・NUC
・USBメモリ 4GB
・有線キーボード
・有線マウス
・テレビのディスプレイ
・HDMIケーブル(ミニタイプC)
・LANケーブル

 

HDMIケーブルはミニタイプCという小さめのHDMI端子ですので注意してください。ディスプレイ側はタイプAという普通のサイズで良いです。

 

HDMIケーブル miniTypeC

 

NUCをディスプレイ、マウス、キーボードに繋いでおいてください。また、インターネットが繋がるようにLANケーブルをさしてください。

 

ブータブルUSBメモリをNUCにさして、NUCの起動ボタンを押します。その後、F2を押し続けてください。そうするとブートメニューが表示されますので、USBでブートするようにしてください。

 

起動に成功すると以下のような画面が出てくるので、Install Ubuntuを選んでください。

 

 

次のようなインストールの設定画面が出てきます。順番に指示に従ってインストールしましょう。よく分からない質問があったら「次へ」を押しておけばオッケーです。ユーザ名とかパスワードは適当に。

 

設定が最後の方までくるとこんな感じの画面がでます。

 

まとめ

♦本記事のまとめ

・無料で手に入るUbuntuをダウンロードしよう
・ブータブルUSBメモリを作ろう
・ UbuntuをNUCにインストールしよう

 

以上になります。皆さんのLinuxの勉強の手助けになれば幸いです。