ラズパイにpipでOpenCVをインストールする方法

 

ラズパイへのOpenCVのインストールですが結構つまづきやすいポイントです。

 

PythonでOpenCVを使うための方法は2つ。

  1. ソースをダウンロードしてビルドする
  2. コンパイル済みのものをpipでインストールする

 

2の方が圧倒的に楽です。

 

ラズパイの本を読んでいると、Githubからソースコードを落としてきてビルドする方法が紹介されていたりしますが、難しいですし時間がかかります。

 

この記事では、OpenCVをpipでインストールする方法をご紹介します。

 

  • Raspberry Pi 3 model B+
  • Kuman カメラモジュール Raspberry Pi用

 

スポンサーリンク

はじめに

 

OpenCVのインストール方法ですが、以下のサイトがまとまっていて良いです。

https://www.pyimagesearch.com/2018/09/19/pip-install-opencv/

 

要約すると、

 

  1. 昔はソースコードからOpenCVをビルドするのが普通だった
  2. 最近になってpip(PyPi/PiWheels)でインストールすることができるようになった
  3. PyPi/PiWheelsのOpenCVは特許化されているもの(SIFT,SURF…)は含まれていない
  4. opencv-pythonopencv-contrib-pythonがあるが、後者の方が色々含まれているから後者をインストールしよう
  5. システムに直接入れるのではなく、仮想環境を作ってから入れよう

 

ちなみに、OpenCVはPywheelsという以下のサイトにwheelsというコンパイルされたバイナリの形で提供されている。

https://pypi.org/project/opencv-contrib-python/

pipはデフォルトでこのサイトを探してくれるので、難しい設定をしなくてもすぐにOpenCVが使えるってわけだ。

 

では具体的な手順を見ていく。

 

設定方法

 

ラズパイ用のパッケージのインストール

 

 

記事で紹介されているのは上のパッケージだけだが、私のラズパイでは以下のパッケージも入れる必要があった。

 

pipを入れる

 

 

仮想環境を作る

 

virtualenvとvirtualenvwrapperをインストールする。virtualenvwrapperをインストールすると仮想環境の管理や切り替えが楽になるらしい。

 

パスを通すために、.profileに以下を追加。

 

有効にする。

 

cvという名前(名前は何でも良い)の仮想環境を作成し、workonで仮想環境をアクティベートする。

 

opencvのインストール。(これだけ)

 

正しくインストールできたか確認。

 

これで好きなように画像処理のコードがかける!やったね。

 

おわり。