Unityを勉強するのにオススメの本3冊

2020年も残り数日で終わりですね。

今年の8月に初めてUnityに入門した私ですが、AppStoreにゲームアプリを3つリリースすることができました。

そんな私がUnityを学ぶ上で参考になった本をご紹介します。

作って学べるUnity本格入門

作って学べる Unity本格入門 Kindle版

FPSゲームを作る上でとても役になった本といえばコレです。

敵キャラの動き、ダメージ判定、プレイヤーの動かし方、ゲームステージの作り方など、アクションゲームを作る上で欠かせない内容を学ぶことができました。

FPSゲームを作る中で敵キャラを追従させるためにNavMeshを使うのですが、そのあたりの設定はこの本を参考にしました。

Unityを初めたばかりの頃で右も左も分からない状態でしたが、この本を読んでUnityに慣れ親しむことができました。

アセットストアのモデルを活用してゲームを作っていくので、アセットストアの使い方も勉強になりました。

まさに作って学べるUnityの入門書。

UnityではじめるC#

UnityではじめるC (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/12/1

私が買ったのは1つ前のバージョンですが、入門書としてはベストな本だと思います。

作成するゲームは、2D脱出ゲームと物理パズルゲーム。

難しい用語は無しに初心者に優しい内容で書かれています。

ゲームの基礎が丁寧に解説されています。

C#が初めての人でも理解できる内容。

脱出ゲームや物理パズルゲーム作ろうかなって思っている人にはオススメの一冊です。

Unityで神になる本

Unityで神になる本。 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/26

まずすごいのがタイトルですね。神になるって。

この本を読んで印象的だったのが、3Dモデルを自分で作るということ。

当時モデリングなんてしたことがなかった私は、3Dモデルを自分で作るというアイデアをこの本から学びました。

Blenderをインストールし自分でモデルが作れるようになった時、ゲーム開発の楽しさは一段とアップしました。

Unityはゲームエンジンですが、3Dモデルのモデリングはどうするのか、Unityへ3Dモデルをインポートするにはどうするのかなど、Unity周辺の技術についても細かく解説しているのが本書です。

AssetsStoreに頼ることなく自分でモデリングをするということ。

それはまさに自分が神になってゲームを作っていくことなのだと思います。