【Python】import,from,asについて

 

こんにちは。のっくんです。

 

今日の記事では、よく目にするimport,from,asってよく見るけど実はよく分かっていないって方のために解説します。

 

ネコ
これってよく見るけど、何となくいつも使ってたんだよな〜。

 

 

実行環境

・Python 3.7
・Pycharm

ディレクトリ構成

 

コードを書く前に、ディレクトリの構成を書いておきます。

 

Pycharmでexpというプロジェクトを作成しその下にmain.pyとhellomod.pyを作ります。

 

 

main.pyでhellomodをimportする方法を書いていきます。

 

import

 

インポートをするための簡単なクラス、HelloClassを作ります。このクラスは引数を出力するメソッドを持ちます。

 

hellomod.py

 

import文を使って呼び出してみます。import文には、インポートするファイル名(モジュール名)を指定します。hellomod.pyであれば”hellomod”になります。

 

main.py

 

実行結果

 

import, from

 

fromを使うとインスタンス化するときのモジュール名を省略できます。

 

main.py

 

実行結果

 

as

 

下記の理由で別名でインポートしたい時に使います。

  • モジュール名が被っている
  • モジュール名が長すぎる
  • 分かりやすい名前でインポートしたい

 

main.py

 

実行結果

 

別の書き方

 

こんな書き方もできます。

 

hellomod.py

 

main.py

 

こっちの方が分かり易いかな。