Pycharmのリモートインタープリタを設定すると便利

 

リモートのサーバやラズパイのコードを書く時は、Pycharmのリモートインタプリタの設定をすると便利です。

 

例えば、ラズパイにOpenCVを入れたけど、ローカルPCの開発環境にはOpenCVが入っていないので、コードの補完ができない!ってことあると思います。

 

リモートインタープリターを設定すれば、リモートのPython環境を設定できるのでこの問題を解決してくれます。

 

リモートインタプリタはSSHでログインできるサーバであれば設定することができます。

 

SSH経由でのリモートインタープリターはPycharm Professonal(有料版のみ)です。

 

この記事では、ラズパイ上にあるPythonをリモートインタープリタに設定してみたいと思います。

 

Pythonの場所を確認

 

ラズパイにSSHでアクセスして使っているPythonのパスを表示します。

 

Pycharmの設定

 

次にローカルのPycharmで、

「Pycharm」、「Preferences」、「Project Interpreter」の順に押します。

右のほうに歯車マークがあるので、Addを選択し、「SSH Interpreter」を選択。

ラズパイのIPとUsernameを入れます。

うまくいくと以下のようになります。

Path mappingを設定しておくと、自動的にローカルのPycharmのプロジェクトがリモートのフォルダと同期されるのでこちらも便利です。

 

ラズパイに入れたOpenCVのコード補完ができました。

 

おわり。