【Unity】PlayersPrefsでゲームデータを保存する

データを保存する時には変数を一括で定義してまとめて保存すると便利。

上記のようにSerializableをつけ、Monobehaviorはつけてはいけないのがポイント。

自分で作ったカスタムクラス(Item)には同様にSerializableをつける。

セーブ、ロード、削除は以下のようにする。

 

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog