地図を表示するiPhoneアプリを作ってみた

 

iPhoneアプリを作ったことがない私ですが、参考書をみながら地図を表示するiPhoneアプリを作ってみました。

 

アプリを作ったと言っても、コードを一行も書くことなくMapkitというフレームワークを使っただけです。

 

Xcodeを使うのはほぼ初めてですが、何とかアプリを起動させるところまでいきました。

 

私がやったことをまとめておきます。

 

 

アプリを作るのに必要だったもの

 

  1. Mac
  2. Xcode
  3. Apple ID

 

アプリを作る上では、Macだけあれば良いです。初めは私もiPhoneが必要なんじゃないのって?って思ってましたが、Xcodeにはシュミレータという便利なソフトがあるので、作ったアプリはその上で動かせます。

 

XcodeはAppStoreからダウンロードできますが、Apple IDが必要です。Apple IDは以下のサイトで作れます。その際にgmailなどのフリーのメールアドレスが必要です。

https://appleid.apple.com/

 

Xcodeプロジェクトの作成

 

Xcodeがダウンロードできたら、Xcodeの新しいプロジェクトを作成します。

「Create a new Xcode project」を選択します。

 

ここが最初の難関ですが、順番にみていきます。

 

Product Name : 製品名。プロジェクト名やアプリ名として使用されます。ここではMapとしておきます。

Team : 個人(Personal)の場合は、自分のApple IDが表示されます。

Organization Name : 個人の場合は自分の名前を登録します。私の本名なので隠してありますが、田中太郎さんだったらTarou Tanakaとかですね。

Organizaton Identifier :  組織IDと言われるものらしい。メールアドレスを逆にしたものを使うらしいので、私のgmailのアドレスを逆に並べたものを登録しました。

Language :  Swiftを選択。

 

下の3つのチェックボックスは外しておきます。最後にNextを押します。

 

 

プロジェクトを保存する場所を聞かれます。

私は左下のNew Folderを選択して、Practiceという名前のディレクトリをデスクトップ上に作成し、その中に保存するようにしました。

Source Controlというチェックボックスは外しておきます。最後にCreateを押せば、プロジェクトが作成されます。

 

アプリの開発

 

Mapkitというフレームワークを使用して、地図を表示するアプリを作ってみたいと思います。

 

フレームワークを追加する

 

Appleが用意したフレームワークを使いましょう。Generalの選んで下の方に進んでください。

Frameworksを追加するために、「+」ボタンを押します。

「Add」で追加します。

 

mapをviewに追加する

 

Viewにmapを追加してみます。

 

 

  1. 下の方にView asという欄があるので、そこでiPhone Xsを選択する。
  2. 右上にあるライブラリボタンを押す
  3. mapと検索し、Map Kit Viewを選択
  4. ドラッグ&ドロップする

 

 

MapkitViewを画面いっぱいに広げて、中央に配置します。

オートレイアウトの設定

 

iPhoneやiPadで使えるようにするオートレイアウトを設定します。

 

右下にあるので、少し分かりづらいですが手順としては以下の通り。

  1. View Controllerを選択
  2. 右下のResolve Auto Layout Issuesをクリックする
  3. Add Missing Constraintsをクリックする

 

長かったですがこれで完成です。お疲れ様でした。

アプリを起動する

 

左上の実行ボタンを押すとシュミレータとアプリが立ち上がります。

 

optionを押しながら、画面をドラッグすると地図を拡大・縮小できます。

無事アプリを動かすことができました。

 

参考